「今、ここ」本質の意識で生きる。

【農のススメ】~無肥料、固定種、自家採種の雑草を活用する自然栽培の畑より

久々の農記事。

こちらのブログではあまり書いていませんが、家庭菜園で自然栽培の畑をやっています。



啓蟄を迎え、早いところ耕しておきませんとね。

二畝(ウネ)耕しました。

キャベツはこれから大きくなるのかしら?(^o^;)



2019年に自家採種した大根の種はイマイチで、大根ならぬ中根…いや、小根?でした。

このままでは花が咲いてトウが立って食べられなくなるからねぇ。全部抜いてきました。


小根(笑)を、先日頂いた茅ヶ崎名産「えぼしの雫(かます)」でモミモミ。


白ゴマかけて、浅漬風♪


早いかな?と思いながら、人参とラディッシュ(二十日大根)の種を蒔いて。

暖冬だし、いつ来れるかわからないからね。

「いつ来れるかわからない」でもできるのが、

自然栽培のイイトコロ。

ゆっくりゆっくり、自然の力だけで育つから。

冬はゆっくりでも大丈夫。


(家で苗づくりから始めたそら豆)


(直播の絹さやの芽。越冬中)

さすがに梅雨〜夏は一週間に一回は行きたいけどね。

作業中はなんだか雑念がボコボコ湧き出てたけど、抑えてた雑念ができった?のか、

終わり頃には目の前のことに集中できた。

今・ココ

で、生きるのは難しい。

でも、今・ココで生きるとなんて楽。

農も、レイキも、古事記も、祝詞も、

今、ココを伝えてる

中今

『道』

なんだと。


今日もイイソラでした。

特集記事
記事一覧